小顔矯正で顔が腫れました。これって失敗でしょうか?

   

 

 

 

小顔矯正をうけたあとに顔が盛り上がって、え?失敗?と思っている人

「先日、小顔矯正を体験したもの、翌日には顔が腫れて心配、まるで火傷を失ったかのように熱を出していた。これはいつか失敗なのだろうか?次にどう行動すればよいのだ「どうしよう?」 といった疑問を持つ人々へ、私が長年の経験と知識をもとに解説を試みたいと思います。   

 

  この記事の内容

  • 小顔矯正後に顔が腫れた場合、それは施術の失敗と見るべきなのか?
  • 腫れた顔にはどう対処すれば良いのか?
  • また小顔矯正を受ける場合、どのサロンを選べば安心なのか?
  • 失敗のリスクが高い小顔矯正の特徴とは?

 

 

この記事の信憑性

私がこの記事を執筆するにあたって、その信憑性について説明させてください。 私は、美容整体が全国で3院しかない時代に、大阪で初の女性専用美容整体専門サロンを開設しました。 20年以上、56,000人以上の方々に小顔矯正を行った経験があります。その豊富な経験を踏まえて、小顔矯正の現実について解説していきます。

これからの文章は、一杯のコーヒーを淹れる時間、約3分で読むことができます。 もし小顔矯正についての知識をしっかりしたいのであれば、3分(約180秒)の時間を、ぜひ私もお付き合いいただければと思います。

 

小顔矯正後に顔が腫れた場合、それは失敗なのでお願いしますか?

 

これまで20年以上の長い経験の中で、小顔矯正後に顔が腫れたという報告は過去に例がありません。そのため、残念ながらその症状は、施術の失敗を示している可能性が高いと言えます本来、小顔矯正とは、顔のゆがみを整えて小さくするもので、それにより血液循環が良くなり、むくみが取れて顔がすっきりすることが期待できます。そうなることは、本来の目的から逸脱しています。

 

腫れた顔にどう対処すれば良いのでしょうか?

顔が腫れている時は、一般的にあると考えられます。その際には、冷蔵庫の中にあるアイスノンなどを顔に当ててアイシング(冷やすこと)をすることが有効です。顔の腫れが痛くても、顔のゆがみの環境が改善されていなければ、今後は炎症が得られます。

もう一度小顔矯正を受ける際には、どのようなサロンを選べばよいのでしょうか?

小顔矯正には様々な方法があり、そのは、顔のゆがみを修正せず、逆に膨らむようなものも存在します。このような結果を踏まえて小顔矯正は、本来の目的ですそのため、次回に小顔矯正を受ける際には、信頼性の高く、正しい知識と技術を持った専門のサロンを選んでください。

そして、小顔矯正で失敗する可能性が高い特徴についてお話していきたいと思います。

失敗する可能性のある小顔矯正の特徴とは

ここでは、小顔矯正において失敗する可能性がある特徴について解説してまいります。 具体的には以下の3点を重点を当てます。

 

  1. 痛みを伴う小顔矯正
  2. 果敢な圧力をかけて小顔矯正
  3. 今後に筋肉をほぐす小顔矯正(コルギ、痛いリンパマッサージなど)

 

痛みを伴う小顔矯正

まずは、「痛みを伴う小顔矯正」について見ていきましょう。 これは、失敗が多いだけでなく、危険性もあるのです。 人間は、痛みを感じると緊張します。が固まり、これが強力なゴムのように作用して骨を引っ張ります。こうなると、ゆがみが大きくなり、組織内に炎症が起こる原因となります。構造にリスクがあるのです。

果敢な圧力をかけて小顔矯正

次に、「大胆な圧力を加える小顔矯正」について説明しましょう。顔の骨がゆがんでいる場合、その原因はまさに顔にあるとは限りません。問題は解決しません。それに伴い、体全体のバランスまで下がってしまうこともあります。

実際に、

「施術後に顔が腫れた」

「痛みを耐えながら受けたが辛かった」

「涙が出るほど痛くて変化がなかった」

「痛すぎて2回目受けられなかった」

このような施術は、知識を持った専門家であれば万が一ですが、残念ながら一部の施術はこのような方法を選択してしまうのです。

顔の筋肉をぐりぐりする小顔矯正(コルギ、痛いリンパマッサージなど)

最後に、「これからに筋肉をほぐす小顔矯正」について見てみましょう。コルギや強いリンパマッサージなどこのカテゴリーに含まれます。顔の筋肉は非常に繊細で、ちょっとした摩擦でも乾燥し、しわの原因になります。

そのようなデリケートな部分に強いマッサージをすることは非常に危険です。過去にそのような施術を受けた方の肌は、触って分厚いと感じることが多く、筋肉もダメージを受けてしまい、思い切ってしまうことが起こります。

上記の3つの特徴を持つ小顔矯正は、失敗の可能性が高く、それでおすすめできません。 正しい小顔矯正を選ぶためには、正しい知識と技術を持つ専門的なサロンを選ぶことが重要ですです。

 

正しい小顔矯正の特徴

小顔矯正後の顔の腫れとその対策について、適切な小顔矯正の特徴をわかりやすく解説します。

  1. ソフトな刺激小顔矯正
  2. 全身から顔のゆがみを特定する小顔矯正
  3. 顔のゆがみの原因を筋肉のコリと苦痛小顔矯正

 

ソフトな刺激小顔矯正

まず最初に、リラックス「ソフトな刺激小顔矯正」です。これは、施術大きな痛みや不快感を感じる、心地よく、自然な形状に修正する方法です。と緩むため、骨格は自由に動き、顔の形は自然に整います。

強い刺激による痛みは、逆に骨を硬化させ、矯正作業を困難にするものです。 不安、顔が腫れたり、内部組織が損傷したりする危険がいっぱいに低いと言えます。ようにスムーズにゆらゆらと動きながら、ゆっくりと顔の形を整えるイメージです。

 

全身から顔のゆがみを特定する小顔矯正

次に、「全身から顔のゆがみを特定する小顔矯正」について説明します。 よくあることですが、顔のゆがみの原因が常に顔にあるわけではありません。

実は、首や体の姿勢が原因で顔がゆがむことがよくあります。例えば、長時間スマホを見ていると首が前に出てしまい、それが顔のゆがみにつながることもあります。全身のバランスを見る小顔矯正は、結果が見られ、さらにその効果が時間とともに発展する可能性が高いです。

 

顔のゆがみの原因を筋肉のコリと考える小顔矯正

最後に、「顔のゆがみの原因を筋肉のコリと褒め小顔矯正」について考えてみましょう。 骨自体がゆがむことは稀で、多くの場合、筋肉のコリが骨をひっぱってゆがみが生じるます。

 

筋肉が緩むと骨は自然に正常な位置に戻ります。 しかし、一般的なマッサージのような手技では、これを実現することは難しいです。 筋肉がゆるむと骨は自然に正常な位置に戻るという原理は、例えば、ひもで結ばれた本が、ひもがほどけたときに自然と開くのと似ています。マッサージによる筋肉のほぐしがあれば、逆に筋肉が固まりやすくなります。

 

以上のように、ソフトな刺激、全身からの視点、筋肉のコリに着目した小顔矯正は、腫れのリスクを軽減し、持続的な結果をもたらします。きちんとした知識と技術を持つサロンなら、私たちのサロンでなくても大丈夫です

 

あべの整体サロンで小顔矯正体験

 

初めて当サロンで小顔矯正を受けたとき、率直に言って半信半疑でした。痛みが伴わない施術で、これから本当に顔の形が変わるのかどうか。があり、一度は試してみる価値があると思い、足を踏み入れました。

 

そして、その結果には驚きました。 初回の施術だけで、その効果ははっきりと感じられたのです。なんと思いました。

 

さらに、首や顔周りも同様に優しくほぐされ、私の体はとても軽くなりました。その夜、ふとしたことがあります。いつも使っている枕が頭に重く感じ、枕の高さを変える私が今まで維持し続けた姿勢は、体に無理な負担をかけていたことに、初めて気づきました。

 

そして、小顔矯正を始めた当初の目的だった頬のこけ具合も、徐々には気になったら消えてきました。 小顔だけでなく、体全体の不調も根本的に改善されたので、このサロンを訪れたことは間違いなく正しかったと感じています。    

 

小顔矯正での危険性

 

 

 

 

 

小顔矯正サロンはたくさんあります、いろいろ試してみることも重要です。 その理由は、効果があるかどうかを自分の体で確認できるからです。なってしまうような危険な小顔矯正は絶対に避けなければなりません。

 

実際に危険な小顔矯正を受け、顔にあざができた方からの相談も受けています。理解してほしいと思います。以降、力ずくの矯正は絶対に受けないでください。

 

安全で安心な小顔矯正サロンを一度受けてみることが、小顔になるための確実な近道です。あべの整体サロンでは、お客様の安全を最優先に考え、確実な結果を提供します。

>>当サロンをよろしければのぞいて見てください!