小顔矯正っていつまで持続する?効果と持続期間について解説

小顔矯正の持続期間と効果について

「顔が小さくなったら何がしたいですか?と問われると、皆さんそれぞれ様々なことを思い浮かべることでしょう。ある人はお気に入りの帽子が似合うようになりたいと考えるかもしれませんし、別の人は自分の理想とする髪型が自由にできるようになりたいと願うかもしれません。

 

また、一緒に写真を撮る時にいつも後ろに立たなければならないという悩みから解放されたいと思う人もいるでしょう。そしてもちろん、小さな顔にコンプレックスを抱えていた人が、それが解消されたことで性格が明るくなることを期待するのは当然のことです。

 

そんな皆さんのお悩みに対して、私たちは「小顔矯正」についてお話ししたいと思います。小顔矯正とは何かというと、簡単に言えば、頭蓋骨のゆがみを取り除くことで顔を小さく見せる整体施術のことを指します。

 

私たちの頭蓋骨は23個のパーツから成り立っています。それらのパーツは「縫合」と呼ばれる関節で繋がれています。これらの縫合の一つ一つはほとんど動かないのですが、その総数が多いために全体としては大きなゆがみを生じることがあります。

 

その結果、顔が歪んで非対称に見えたり、硬く見えたりすることがあります。頬骨が突出している、あるいはエラが張っている、顔のラインがはっきりしない、鼻が曲がっている等の状況がその例です。これらが顔を大きく見せてしまう要素となっています。

 

それらの頭蓋骨のゆがみを取り除き、顔を小さく見せるのが小顔矯正の目的です。頭蓋骨は肩関節や股関節のように大きく動くわけではなく、ほとんど動かないのですが、最近の医学研究により、それが実は動くことが認められています。

 

多くの人々が抱く顔のサイズに対する悩みや希望が隠されています。たとえば、帽子がしっくりと頭に馴染むようになる、自分の好みの髪型を自由に楽しむことができる、集合写真を撮る際に無理に後ろに控える必要がなくなるなど、顔が小さくなったら楽しめる可能性は無限大です。

 

そして、何より、顔のサイズについてのコンプレックスがなくなることで、性格が明るく前向きになることでしょう。

 

小顔矯正とは

そんな顔のサイズに悩む方々に向けて、今日は「小顔矯正」という手法についてお話したいと思います。小顔矯正とは何でしょうか?一言で説明すると、それは頭蓋骨のゆがみを修正し、顔を小さく見せるための整体の一種と言えます。

 

頭蓋骨は23個の部分から成り立っており、それぞれが「縫合」と呼ばれる関節によってつながっています。1つ1つの縫合はあまり動きませんが、全体的に見ればこれらの縫合が多くあるために、頭蓋骨全体としては大きなゆがみが生じる可能性があります。

 

この結果、顔が歪み、非対称になることがあります。例えば、頬骨が突き出たり、アゴが張ったり、フェイスラインがぼやけたり、鼻が曲がったりして、顔全体が大きく見えてしまうことがあります。こうした頭蓋骨のゆがみを解消し、顔を小さく見せるのが、小顔矯正の目的となります。

 

誇大広告について

小顔矯正の表現の嘘

過去に、7つの小顔矯正事業者が誇大広告を理由に、消費者庁から監視の対象になったという事実がありました。ここで、消費者庁とは何か、少し説明しましょう。消費者広告は、大げさな嘘や誇張表現によって消費者が誤解を抱くことを防ぐために設立された国の機関です。

 

問題となった広告の内容について具体的にみてみましょう。「顔が大きくなっている人は、縫合(ほうごう)という部分に隙間が空いている。その隙間を埋めることで小顔になる」などと主張したのです。さらに、「1回の施術で治る」「半永久的に元に戻らない」などという、誤解を招く表現が見受けられました。

 

これらの広告について、多数の消費者からクレームが寄せられ、それを受けて消費者庁は医師に相談したのです。その結果、医師から「これらの主張には医学的根拠が存在しない」との回答が得られました。

 

実際のところ、1回の施術で小顔になるとか、半永久的に効果が続くという主張には、科学的な裏付けは一切ありません。さらに重要なことは、縫合は頭蓋骨の各部分を結ぶ関節であり、隙間が空くことは絶対にあり得ないという事実です。これは明らかな誤りであり、消費者を誤解に陥れる極めて不適切な表現です。

 

ただし、私たちの頭蓋骨は23個のパーツから成り立っており、それらが動くことは確かです。そのため、ゆがみが生じることはある程度は避けられません。その証拠に、人は年を重ねるとともに、顔の形が変わり、ごつごつした印象になりますし、顔が非対称になってきます。これらは全て、頭蓋骨の歪みが影響を及ぼしている結果と考えられます。しかし、それは一度治れば二度と戻らない、というものではなく、日々の生活習慣やストレスなどによって変わっていくものです。

 

小顔矯正の種類

小顔矯正の種類

小顔矯正の多様性について解説します。小顔矯正とは、その名の通り、顔を小さく見せるための矯正技術のことを指します。しかし、その手法は多岐に渡り、それぞれにメリットとデメリットがあります。以下では、主な小顔矯正の種類とその特性について詳しく解説します。

 

顔の骨を強引に押す小顔矯正

最初に、”顔の骨を強引に押す小顔矯正”という方法があります。こちらは、顔の出っ張った部分を自身の体重を利用して圧力をかけ、骨の位置を調整しようという手法です。ただし、これにはリスクが伴います。

 

なぜなら、頭蓋骨の内部には脳があるため、過度な圧力が危険を引き起こす可能性があるからです。また、骨が歪むのは筋肉の影響も大いに関わっており、ただ単に骨を押すだけでは、根本的な解決には繋がらないとされています。特に日本人は筋肉が硬く、骨も強く結びついているため、この方法だけでは十分な効果が期待できません。

 

顔をマッサージする小顔矯正

次に、”顔をマッサージする小顔矯正”という手法が存在します。この方法は、顔にマッサージを行うことで血流やリンパの流れを良くし、顔全体をスッキリとさせるというものです。しかしこれは、一時的な解決策にすぎません。

 

なぜなら、これはあくまで体液の流れを改善するだけで、骨格そのものには影響を及ぼさないからです。小顔を維持するためには、骨格の形状を変えることが必要とされています。なお、当サロンではこのようなマッサージは行っておりません。顔の肌は摩擦に弱いこと、また顔のゆがみの原因は首や身体にあることが多いためです。

コルギ

また、韓国発祥の”コルギ”という手法もあります。これは、顔を力強く押し込むことで顔全体を小さく見せる方法です。しかし、これにより肌が固くなったり、顔の骨が歪んだりするリスクがあります。顔の肌は非常に薄く敏感であるため、強い刺激は逆効果になる可能性があるからです。

 

顔の筋肉、筋膜を緩めてゆがみを矯正する小顔矯正

最後に、”顔の筋肉、筋膜を緩めてゆがみを矯正する小顔矯正”という方法があります。これは、筋肉や筋膜の緊張を和らげることで骨の位置を整えるというものです。筋肉をリラックスさせることで、顔の骨格が正常な位置に戻り、顔全体が小さく見えるようになります。

 

ただし、顔の筋肉をリラックスさせるためには、顔を直接マッサージするだけではなく、首や体全体の筋肉も考慮に入れる必要があります。なぜなら、顔の筋肉の緊張は多くの場合、体全体の筋肉の緊張に起因するからです。

 

 

小顔矯正の効果

小顔矯正の効果としては、顔のむくみや左右の非対称性の改善、顔のラインの綺麗な形状化、頬骨の突出やエラの改善などがあります。

当サロンのお客様からは、「ポニーテールをした時に顔が大きく見えなくなった」「友人から顔が小さくなったと褒められた」「顔のこけ具合が気にならなくなった」「フェイスラインがスッキリした」などの声をいただいております。それぞれの手法にはメリットとデメリットがあるため、自分の体質や目指す目標に合わせて選ぶことが重要です。

 

効果の実感

まず、小顔矯正とは一体何なのでしょうか。これは、人間の顔に存在する23個の骨を正常な位置に戻し、顔を小さく見せる整体施術です。イメージとしては、お顔のフレームを整えるような作業だと理解いただくと良いでしょう。これは、顔の大きさを物理的に小さくするのではなく、骨格の位置を調整して、顔の見え方をスッキリとさせる施術なのです。

 

当サロンの小顔矯正の特徴は、施術の効果を感じやすいことです。実際にほとんどのお客様が初回の施術で何らかの変化を感じています。6回目の施術を受ける頃には、その変化が自身の体感として確信につながるといったパターンが一般的です。

 

しかしながら、お体の状態が固まっていたり、コリや緊張が強い場合には、効果が現れるまでに少々時間がかかることもあります。これはまるで、乾燥した土地に水をあげるとき、最初はすぐには染み込まないが、時間をかけてじっくりと水をあげると、徐々に土が水を吸収するようになる、というイメージです。

小顔矯正の効果の持続

小顔矯正の効果は、施術後の7日から10日間ほど続きますが、その後はゆっくりと元の状態に戻り始めます。これは、顔の歪みの主な原因が筋肉のコリの蓄積による骨への引きつけ力であるためです。

 

筋肉のコリが強まれば強まるほど、強力なゴムバンドのようになり、その引きつけ力も強くなります。また、そのために元の形に戻る速度も速まります。ですから、コリを少なくすれば、引きつけ力も弱まり、顔の歪みも小さくなり、元の形に戻るのも遅くなります。

 

他店で提供されている小顔矯正の中には、施術後1日から2、3日で元に戻ってしまうものが多く、中には数時間で元に戻ってしまう場合もあります。このような短期間で効果が消えてしまう施術は、何度行っても一時的な効果しか得られないため、一見すると効果が出ているように見えても、根本的な改善は難しいと言われています。

 

それに対して、当サロンの小顔矯正では、施術を重ねることで筋肉のコリを徐々に減らし、結果として顔の歪みが小さくなり、戻りにくくなることを目指しています。これは、木に毎日少しずつ水をあげると、徐々に根が強く育つように、継続的なケアが大切という考え方です。

最後に

小顔矯正には広告規制がほとんど無いので、広告の表現に対する医学的根拠がないために消費者庁に摘発された業者も存在します。しかし、これは広告表現の問題であって、小顔矯正自体が効果がないわけではありません。信頼できる情報を基に、施術を受けるサロンを吟味してください。

 

 

関連記事

  1. 小顔矯正とは?

  2. 一生懸命やっても逆効果になってるダメダメNGマッサージ!

  3. NGな小顔マッサージやってませんか?

  4. 小顔矯正であざが出来てしまいました。続けるかどうか迷っていま…

  5. 小顔矯正は意味がない? 小顔整体のプロが徹底解説します。

  6. 腎臓低下と顔の歪みとの関係とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA