ダイエットしても小顔にならない?

ダイエットしても小顔にならない?

ダイエットをしてもフェイスラインがすっきりしない? そこまで太っているわけではないのに、顔だけがぽっちゃりしている?

そんな悩みを抱えていませんか?

そこで本日は、顔がなかなか痩せない原因と、フェイスラインにアプローチするセルフケア方法をご紹介します。

目次

◆ダイエットしてもお顔が小さくならない

◆セルフケア方法

◆ダイエットしてもお顔が小さくならない

せっかくダイエットに成功しても、顔がぽっちゃりしていることで太って見られるのは悲しいですよね。 ダイエットをしても顔が痩せない場合、以下のような原因が考えられます。

1.  筋肉が硬くなっている

2.  内臓疲労

3.  電磁波

1.  筋肉が硬くなっている

体内の水分は血液とともに全身を巡っています。 血流やリンパ液の流れが滞ると、一定の場所に水が溜まると言われています。

重力や運動不足によって筋肉が硬くなり起こるむくみであることが多く、デスクークなどは休憩を取りながら行い、合間に時短ストレッチを取り入れましょう。運動不足による筋力の低下を防ぐため、【適度】運動を心がけましょう。 2.  内臓疲労

内臓が疲労してくると内臓自体が充血してきて重くなり体液配分に変化をもたらすようになります。 身体の内側で少しづつ左右不均等な状態になり次第に骨盤や他の骨格にズレをもたらすようになってきます。 結果的にお顔にも歪みをもたらすように影響してくるというわけです。

3.  電磁波

スマートホンからは電子レンジと同じレベルの電磁波が出ているのをご存知でしたか?

それを聞いてゾッとしたので、それ以来寝るときはベッドから少し離れたところに置いて寝るようにしました。

すると、翌日の目覚めたときのスッキリ感が全然違うんです!

よく寝た!という感覚を感じることができますよ!

この時はメラトニンが正常に働いて良質な睡眠になっているのです。

電磁波」は良質な睡眠を作ってくれる「メラトニン」を破壊してしまいます。

スマホが側にあると「メラトニン」を破壊する道具を自ら側に置いていることになるんですね。

良質な睡眠は小顔、ダイエットへの第一歩です!

◆セルフケア方法

1.  軽い圧で弛緩

あごや頬を手のひらでギュッと軽く押すことで、血流をよくし、コリをほぐせて、理想の骨格に近づけます。

2.  人差し指、中指で擦る

指のはらで肌表面をなでることで、皮膚下にあるリンパ液や血液の流れを促し、余計な老廃物を顔から追い出します。

3.  人差し指、中指でほぐす

指先でもみほぐすことで、血流の滞りにより固くなった筋肉の緊張をほぐし、筋肉の動きをスムーズにしてくれます。

まとめ

年齢関係なく気になってくるのが、フェイスラインのもたつきや顔の大きさ。ファッションやヘアメイクに頼ってカモフラージュするのも手だけど、顔そのものを小さくすることも考えてみて。自分の手を使って簡単なセルフマッサージなら、すぐに実践できちゃいます!明日の小顔のために早速トライしてみて!

>>こちらの小顔矯正がおすすめ

関連記事

  1. 小顔矯正は意味がない? 小顔整体のプロが徹底解説します。

  2. なぜ顔のゆがみが起こるのか?ゆがみの原因と対策について解説

  3. ダメダメなNG小顔マッサージ!

  4. 舌回しって小顔効果あるの?

  5. 内臓疲労で顔が歪む?

  6. 小顔矯正の具体的な内容とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA