小顔矯正で小顔になるのは骨格だから無理なのでは?

骨格が原因だから小顔なんて無理でしょ?

 

あなたがもし、自身の顔の大きさにコンプレックスを感じ、何とか改善したいと考えているのであれば、まずはその心配を少し落ち着けてみてください。例えば、「私の顔は生まれつき大きい」という感じがあり、それがあなたのコンプレックスになっているのかもしれません。

 

小顔矯正で小顔になるのは骨格だから無理なのでは?

 

最近、鏡を見るたびに「自分の顔がさらに大きくなっているような気がする」と感じ、顔にゴツゴツとした感じがあることが気になるかもしれません。それにより、あなたは美容整形で骨を削るしかないと思い込んでしまい、手術の失敗のリスクや恐怖について悩んでいるかもしれません。

しかし、そのような方々に対して、小顔矯正という非外科的な選択肢を提案します。小顔矯正とは、顔の骨格そのものの大きさは変わらないものの、顔が歪んで見える原因を解消することで、顔を小さく見せる施術方法です。これにより、あなたが思っていた以上に自分の顔が実は小さかったことに気づくかもしれません。

 

 

生まれるつきの顔の骨の大きさは変えられない

ここで重要なポイントとして知っておいてほしいのは、生まれつきの顔の骨格の大きさは変わらないという事実です。これは生物学的な真実として理解していただく必要があります。さらに、成長過程で顔の骨が大きくなるため、子供から成人になるまでの間に、顔全体が大きくなることも覚悟してください。

 

顔の骨は成長するとより大きくなる

ここで重要なポイントとして知っておいてほしいのは、生まれつきの顔の骨格の大きさは変わらないという事実です。これは生物学的な真実として理解していただく必要があります。さらに、成長過程で顔の骨が大きくなるため、子供から成人になるまでの間に、顔全体が大きくなることも覚悟してください。

 

顔の骨は年々ゆがみが大きくなる

 

しかし、顔の大きさに最も影響を与えるのが、骨格の歪みです。これは全身のゆがみが引き金となり、顔の骨格が歪んで見える原因となります。そして年々、この骨格の歪みが増えると、顔全体が大きく見えることになるのです。このような状況は、突然に起きるものではなく、時間をかけて徐々に変化していきます。

 

その結果、あなたが思っていたよりも顔が大きく見えると感じることがあります。しかし、小顔矯正により、この骨格の歪みを修正し、顔を元の、歪んでいない正常な状態に戻すことが可能です。その結果を見てみると、自分の顔が思っていたよりも実際は小さかったと気づくでしょう。

 

アメリカの医師により頭蓋骨は動くことが確認されている

 

さらにお伝えしたいことは、頭蓋骨は動くことが科学的に証明されているという事実です。具体的には、1970年代後半にアメリカのミシガン州立大学の研究者が、生きている被験者の頭蓋骨のX線フィルムにより頭蓋骨の動きを確認しました。

日本でも一部の医師が頭蓋骨の動きを否定する意見を持つことはありますが、それは必ずしも科学的な事実を反映しているわけではありません。実際には、頭蓋骨は23個のパーツに分かれていて、それぞれが動くことが可能なのです。そのため、頭蓋骨が全く動かないということは、自然界の法則から見ても不自然なことなのです。

 

小顔矯正で期待できること

 

小顔矯正とは、あなたの顔の形を整え、若々しく健康的な印象を取り戻す美容技術の一つです。それは、顔の左右のバランスを整えるだけでなく、むくみや肌のゴツゴツ感を改善します。実際のビフォーアフターの例を見れば、顔の大きさも間違いなく改善されているのがわかります。ただし、個人差はありますので、結果は人によって異なることを覚えておいてください。

小顔矯正の魅力

 

さて、自分自身の顔について考えてみてください。昔から今の顔の状態でしたか?一年が経つにつれて顔は大きくなり、ゴツゴツとした印象を増していませんか?そして、顔が大きくなり続けている理由は何でしょうか?多くの人が「老化のせい」と思い込んでいますが、それは必ずしも正しいとは限りません。

 

老化は避けられませんし、それによって見た目が変化するのは事実です。年を重ねると骨が弱くなり、顔もたるみ始めます。しかし、骨が弱くなったとしても、骨の形自体が変化するわけではありません。それなら、現在の顔の状態に至った原因は何でしょうか?答えは明らかです。それは身体全体の「歪み」です。

 

一度歪んだ身体は、さらに歪みを深める傾向にあります。顔もまた、その例外ではありません。例えば、膝が痛くなると、その痛みをかばって歩くために身体全体のバランスが崩れ、歪みが悪化します。そしてその結果、膝の痛みが増し、歩くこと自体が困難になるかもしれません。その時、医者は手術を勧めるかもしれません。

 

一方、歪みを修正すれば、痛みが減少し、歩行のバランスも改善します。身体を動かすほど、筋肉はリラックスし、歪みは正常に戻ります。つまり、歪みを修正すれば修正するほど、身体自体が自己を修正しようとする傾向にあるのです。これを自己回復力と呼びます。

 

しかし、問題は多くの人が自身の身体の歪みを放置していること、または適切な修正を受けていないことです。その結果、私たちのサロンに来られた方は、大きな歪みを持っています。多くの方が自分の歪みに驚き、「こんなに歪んでいるとは思わなかった!」とおっしゃいます。それは、正しい歪みに対する理解や知識が欠けていたため、歪みが年々深まってしまったのでしょう。

 

実際に、他の施術所で「歪んでない」と診断された方でも、当サロンでの触診ではほぼ100%歪んでいることがわかります。これは背骨であることが多く、触診技術が正確でないことが原因だと考えられます。ですから、施術者でさえ歪みを正確に判断するのが難しい場合があります。一般の方が正確に判断できることは、正直なところ難しいでしょう。

 

小顔矯正について調査しているあなたや当サロンのお客様は、自分の顔が歪んでいることは理解していますが、その歪みがどのように生じ、どうすれば修正できるのか、またはそれが生まれつきのものなのか、矯正後はどの程度持続するのかなどについて深く考えていることでしょう。

 

しかし、ここで重要なことは、歪みは100%か0%かというような二項対立ではないということです。あなたがインターネットで調査して得た「常識」は、実際に歪みを修正するための世界では必ずしも正しくないことがほとんどです。実際には、通常の方法ではない、いわば「非常識」なアプローチが必要です。

 

それなら、なぜ小顔矯正は段階的に修正されるイメージではなく、100%か0%というイメージが広まったのでしょうか?それは、テレビで見かける施術者が全体重を使って顔を圧縮するような矯正がよく映し出されているからです。

 

しかし、小顔矯正にはさまざまな種類があります。それなのに、なぜテレビにはそのような小顔矯正ばかりが映し出されるのでしょうか?それは、テレビ制作の制約によるものです。テレビ制作では、時間が限られているため、早く施術を終えてビフォーアフターを見せたいと考えます。その結果、骨に対する強引な矯正が多用され、小顔矯正は骨の矯正、そして痛いイメージが広まってしまいます。

 

しかし、顔の歪みは顔の骨だけが原因ではありません。それは全身の歪みの結果であることを理解することが重要です。人間の体は全身の骨が関節でつながっており、全体で206個の骨で構成されています。

 

つまり、全ては繋がっており、互いに影響を及ぼしあいます。骨が一箇所歪むと、それが全身に波及します。一箇所の歪みは全身の歪みから来ているので、全身の歪みを修正しない限り、根本的に歪みを修正することは不可能となります。

 

したがって、顔の歪みが今現在100あるとしたら、体全体の歪みも同じくらいあると考えられます。美容に関しては、局部的な部分が気になるため、顔の歪みは顔が原因であると思いがちですが、それは全身の問題であることを忘れてはいけません。

大阪で顔の左右差をお探しならならこちら【返金保証あり】

関連記事

  1. 舌回しって小顔効果あるの?

  2. コロコロって効果あるの?マッサージローラーの効果と正しい使い…

  3. NGな小顔マッサージやってませんか?

  4. 内臓疲労で顔が歪む?

  5. 小顔矯正って1回だけでも効果あるの?

  6. 自分で小顔マッサージするのって効果あるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA