腎臓低下と顔の歪みとの関係とは?

食品添加物と顔の歪みの関係とは腎臓低下と顔の歪みとの関係とは?

添加物の取りすぎで身体全体が歪み結果的にお顔が歪む。甘味飲料の中には腎臓を障害するリスクを持つものがあり、果糖(フルクトース)コーンシロップで甘く加工したソフトドリンクを摂取すると、腎臓内部の血管抵抗が有意に上昇する。リンはとりすぎると血管が障害されます。たんぱく質を制限すれば自然と制限されるミネラルの1種ですが、最近はリンが含まれている食品添加物が増えているので、加工食品にも注意が必要です。
水摂取時に比較して添加ソフトドリンク摂取時は、分節動脈の血管抵抗がより高まり、腎臓の血管を収縮させる作用がある。それでは腎臓と添加物についてお伝えしていきます。

 

目次
  • 食品添加物が及ぼす腎臓への影響とは?
  • 腎臓と顔の歪みとの関係
  • 腎臓を元気にする方法

食品添加物が及ぼす腎臓への影響とは?

腎臓のイラスト

 

腎臓は腰のやや上に左右1個ずつあります。そら豆のような形をしたこぶし大の大きさで(重さは1個150グラムほど)の重要な臓器となります。腎臓が老廃物や水分などを排泄し、尿をつくるための臓器であることはよく知られていますが、これ以外にも生命と健康を維持するために、以下の様な重要な働きをしています。
  • 老廃物の排泄
  • 水分の調節
  • 電解質バランスの調節
  • 血液pHの調節
  • 造血刺激ホルモンの分泌
  • ビタミンDの活性化
  • 血圧の調節

腎臓と顔の歪みとの関係

腎臓は体の中の毒素や老廃物の除去、水分の調節といった、生命を維持し、身体の環境を一定に保つ大切な役割を担っており、腎臓に問題が起こると身体中にさまざまな影響がでます。さらに腎臓の機能が低下すると、体の中に老廃物がたまり、腰周辺が硬くなり骨が歪み、痛みが出て顔にも歪みがでます。

腎臓を元気にする方法

 

ふくらはぎは冷えに弱く、腎臓が弱ると隣接してる筋肉が硬くなり、お尻の筋肉経由でふくらはぎと繋がる。ですから、ふくらはぎ(脚)が硬くなると、おなかや腰の状態もさらに悪くなり、内臓全般が弱ってきます。内臓の中でも、ふくらはぎには、「腎臓」と「副腎」の状態が最もよく現れます。

便や尿、汗といった老廃物を、しっかり排出できていれば、病気にはならないと考え、排泄力の改善を重視します。

排泄には、腎臓の働きが欠かせません。そのため、腎臓の調子が悪いと、体内の老廃物が排出できなくなり、不調に直結します。

ストレスへの対抗力が落ちるので、心が弱り、うつのようになったり、寝ても疲れが取れなくなったりします。

ふくらはぎをほぐすと、ふくらはぎとつながった腎臓や副腎にも刺激が伝わり、腎臓や副腎の働きがよくなります。

その結果、排泄がスムースになり、免疫機能も改善します。つまり、根本の“生命力”が底上げされるのです。

また、ふくらはぎをほぐすと、心が楽になったり、よく眠れるようになったりします。これは、副腎の働きがよくなって、ストレスへの対抗力が高まるからです。

 

まとめ

足の筋肉を軟らかくすることで腎臓機能を向上させて顔の歪みを根本改善出来ます。自分に合った水分量をしっかり摂って体内循環を良くし、腎臓の働きを良くすることで顔の歪みや腰痛の改善に繋がります。

 

 

関連記事

  1. 小顔矯正を受けてみたいけど顔が変わるか不安です

  2. 内臓疲労で顔が歪む?

  3. NGな小顔マッサージやってませんか?

  4. 小顔矯正とは?

  5. 小顔矯正で顔が腫れました。これって失敗でしょうか?

  6. モデル級の小顔になれるセルフケア教えます!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA